臨床に結びついた基礎理論 – 4.神・人体における陰陽

講座内容

 

 今回は『新版 東洋医学概論』の第2章生理と病理 第1節生理物質と神のⅡ.神とⅢ.人体における陰陽について学びます。

 神については分りにくいかもしれませんが、東洋医学の特徴でもある心身一元論の中心をなす考え方で、要するに心と体は互いに関連し合っているということのベースになる考え方です。

 また人体における陰陽については、陰陽論を人体におてはめて考える基本になりますので、しっかりと理解してください。

 

目次

 

  1. 神の概念
  2. 神の生理
  3. 神の病理

人体における陰陽

  1. 陰陽の生理
  2. 陰陽の病理

 

 

講座動画

 

 

講義資料

第4回講義資料_神・人体における陰陽